遺言者が作成した遺言メモを確実に執行するため、遺言執行者付の公正証書遺言を作成した事例

依頼者 70代 
相手方 相続人:配偶者,子3人
遺産の概要 土地建物,預金,株式等

ご依頼の経緯・ご要望

相続時における相続人間でのトラブルを未然に避けるため,作成した遺言メモを法的に確実に執行できるようにしておきたいとのご要望

解決のポイント

まずは,当方にて相続人調査および財産調査を行い,相続人と遺産項目を確定させました。
遺言者様のメモを参考に法的に有効な遺言書のたたき台を作成し,
円滑な事業承継等の法的なアドバイスをさせていただきながら,修正を重ねました。
相続時のトラブル防止,さらに遺言内容を確実に執行するために,
 ・公正証書遺言として遺すこと
 ・遺言執行者(遺言内容を実現(執行)していく人)を選任すること
をお勧めしました。

遺言の最新記事

初回相談60分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~20:00) 078-382-3531

相続・遺産分割の解決事例集

プライバシー等の保護のため,事案の概要等は事案の趣旨を損なわない範囲で変更していることがあります

相続を弁護士に相談するメリット