遺産分割審判後に不当利得返還請求訴訟と不動産仮差押をして和解成立した事例

依頼者 60代 
相手方 弟(50代) 
遺産の概要 土地建物,預金,保険,その他

争点

不動産の評価額,相手方の不当利得金の回収

ご依頼の経緯・ご要望

兄弟で話し合いをしたが遺産分割協議がまとまらなかったため,ご依頼された。

解決のポイント

遺産分割調停を申立てたものの,相手方が途中から調停に来なくなったことから,審判手続に移行し,兄弟それぞれが遺産たる不動産を取得する内容の審判をしてもらった。

また,相手方が,被相続人の生前に勝手にその財産を取得していたため,その返還を求める不当利得返還訴訟を提起し,それに先立ち,相手方が遺産分割審判で取得した不動産の仮差押手続きを行った。

この仮差押が奏功し,訴訟では相手方との和解の話し合いが進み,当方の希望する不当利得金を相手方から分割で返還してもらう内容の和解が成立した。また,その分割金の支払いを担保するために,相手方が取得した不動産に対して抵当権を設定した。

本件は,相手方の不当利得金の回収を行うのが難しい案件であると思われたが,最も回収可能性が高いと考えられる選択肢を考えて解決した。

 

解決事例の最新記事

遺産分割の最新記事

初回相談60分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~20:00) 078-382-3531

相続・遺産分割の解決事例集

相続を弁護士に相談するメリット