連絡が取りにくい相続人との間で交渉を行い,遺産である不動産の売却に応じてもらえた事例

依頼者 二男(相続人)
相手方 長男(相続人)
遺産の概要 不動産

争点

 相続し、共有する不動産を相手方が事実上占有したまま,代償金の支払いをしない。

ご依頼の経緯・ご要望

 不動産を占有している他の相続人に対し,そのまま不動産を占有するのであればの持分に見合う代償金の支払いを,支払えないなら当該不動産を速やかに売却することを望んでいる。

解決のポイント

 受任後,相手方との連絡が取れず,交渉が進められなかったため,「遺産に関する紛争調整調停」を申し立てましたが,相手方は,初回の調停期日にも出席しませんでした。
 このため,このまま暗礁に乗り上げるかと思われましたが,当該不動産に居住していた相手方の親族と連絡が取れ,親族を通じて相手方とも連絡が取れるようになりました。

 そして,相手方との話し合いが進み,そこから不動産売却の同意を得ることができました。その後,不動産を売却して,依頼者の相続分に応じた現金を回収することに成功しました。

 相手方と連絡が取りにくい状況でも,あらゆる手段を講じることで,直接交渉するに至り,依頼者の希望する形での事件解決を得られた事例です。

解決事例の最新記事

遺産分割の最新記事

初回相談60分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531

相続・遺産分割の解決事例集