相続放棄後の相続人を確認した上で改めて相続放棄した事例

依頼者 長女(50代)(第一相続人)
被相続人 父親
遺産の概要 不動産・預貯金等

ご依頼の経緯・ご要望

 依頼者は,一人っ子で母親も既に亡くなっていたので単独の相続人であり,相続財産中に特に負債もありませんしたが,相続不動産が遠隔地にあること,農地が多く含まれ管理も困難であることなどから相続放棄をご希望でした。ただ,被相続人(父親)が婿養子として妻の両親と養子縁組していたため,相続関係が複雑になっていました。

解決のポイント

 被相続人(父親)の実父母方に父親の兄弟が多く,既に亡くなっているご兄弟もいて代襲相続が発生するなどして若干複雑な相続関係図となりましたが,結果的には全ての相続人が,依頼者と面識のある人物でしたので,納得して相続放棄されました

解決事例の最新記事

初回相談60分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531

相続・遺産分割の解決事例集