亡父の遺産分割が未了のまま母も亡くなり,亡父母の遺産について遺産分割調停が成立した事例

依頼者  60代

相手方 兄(60代),姉(60代)

遺産の概要 資産:不動産,預金,現金等

争点 ①遺産の範囲,②特別受益

ご依頼の経緯・ご要望

 相続人間で話し合いをしたが遺産分割協議がまとまらなかったために協議代理をご依頼され,遺産分割協議が整わなかったため調停代理をご依頼されて調停申立をした。

解決のポイント

 亡母の遺産の範囲や生前中の預金,その出金した現金の管理能力,使途について相手方が使い込んだ疑いがあり,亡母の判断能力の程度等を調査するために医療機関へ診療記録等の開示を行いました。遺産分割調停では,亡母の生前中の預金管理の態様や使途について相手方に明らかにするよう求め,最終的に使途不明金についてはご依頼者が解決金の支払いを受けることになりました。また,亡父の遺産分割未了の遺産不動産があり,遺産分割調停係属中に相続人間で協力して売却して,遺産不動産の売却代金と預貯金は相手方の一人が単独取得し,ご依頼者が法定相続分相当額の代償金を受けることで調停が成立しました。

解決事例の最新記事

遺産分割の最新記事

初回相談60分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531

相続・遺産分割の解決事例集