事業承継における会社支配権の承継方法

会社支配権の継承方法

im_001


 会社支配権の承継方法としては、大きくわけて、

①親族内承継
②親族外承継
③M&A

があります。それぞれのメリット、デメリットを説明します。

親族内承継

 まず、①親族内承継とは、オーナー経営者の子といった親族に会社を承継させる方法です。
 メリットとしては、心情的に受け入れやすいこと、後継者が早くから決まっているため計画的に準備できることがあげられます。

 デメリットとしては、後継者の意欲や能力が担保されていないこと、後継者以外の相続人の遺留分等に留意した相続対策が必要となることがあげられます。

親族外承継

 ②親族外承継とは、親族ではないが、信頼関係のある役員や従業員等に承継する方法です。

 メリットとしては、周囲も受け入れやすいこと、後継者の意欲や能力がある程度担保されていることがあげられます。

 デメリットとしては、会社に親族がいる場合、後継者と軋轢が生じるおそれがあること、会社の負担を個人保証している場合の取り扱いをどうするかといったことがあげられます。

M&A

 ③M&Aとは、Mergers and Acquisitionsの略で、企業の合併買収のことです。

 メリットとしては、後継者を広く外部に求めることができること、オーナー経営者も事業の対価を得ることができることがあげられます。

 デメリットとしては、従業員の雇用や譲渡価格等、条件交渉がシビアになりがちであること、事業が第三者に渡ることが心情的に受け入れられない方もいることがあげられます。

 いずれも一長一短がありますが、オーナー企業の場合、①親族内承継が受け入れられやすい傾向にあります。また、最近は後継者不足の問題から、業界によっては③M&Aもかなり利用されています。

  非上場会社を経営されている方や後継者の方、そのご家族の方で事業承継をお考えの方は、承継方法について、一度専門家にご相談されることをお勧めします。

初回相談60分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531

相続・遺産分割の解決事例集