神戸・姫路の弁護士による相続相談弁護士法人法律事務所瀬合パートナーズ(兵庫県弁護士会所属)神戸駅1分/姫路駅1分

解決事例

認知症の進行に備え、不動産の管理を子に任せるため、信託を活用した事例

相続人の数 2人相 手 方 親子遺産総額  300万円超~3000万円遺産の概要 不動産 争点 信託 解決の段階 その他 ご依頼の経緯・ご要望 認知症が進行すると、不動産の管理ができなくなるため、子に不動産の管理を任せたい。 解決のポイント 子を受託者として不動産を信託し、管理を任せるとともに、委託者の介護費用等のために必要な場合、不動産を売却してその資金に充てることを可能とする信
続きを読む >>

生死不明の相続人の失踪宣告が認められた事例

相続人の数 1人 争点 遠縁の相続人、遠縁の相続人 解決の段階 審判・訴訟 ご依頼の経緯・ご要望 配偶者が亡くなり,相続のために戸籍謄本等を収集したところ,配偶者の母が戸籍上は生きていることになっていたため,このままでは相続ができないということでご相談に来られました。 解決のポイント 弁護士が資料を収集し、裁判所へ失踪宣告の申立てを行いました。裁判所からは、申立権の有無について疑問
続きを読む >>

代償金約250万円を獲得して、遺産分割調停が成立した例

相続人の数 3人相 手 方 きょうだい遺産総額  300万円超~3000万円遺産の概要 不動産,預貯金・現金 争点 遺言、遺産分割、預金の使い込み・不正出金 解決の段階 調停 ご依頼の経緯・ご要望 母が亡くなり、3人の兄弟が相続人となったが、他の兄弟が強行な態度に出て話し合いができず、また兄弟の一人が生前に亡母の預金を管理し、不正に取得していた疑いもあるとして、その調査と遺産分割の協議
続きを読む >>

遺留分侵害額請求

相続人の数 2人相 手 方 きょうだい遺産総額  3000万円超~3億円遺産の概要 不動産,預貯金・現金 争点 遺留分、特別受益、排除 解決の段階 協議 ご依頼の経緯・ご要望 被相続人が公正証書遺言を残していたが,内容が不公平なので遺留分を請求したい。 解決のポイント 依頼者の特別受益を持ち戻し,遺留分侵害額を算定し,相手方と協議しました。
続きを読む >>

生前の被相続人の預貯金の動きを詳細に説明し,有利な内容で遺産分割調停が成立した事例

相続人の数 2人 相 手 方 きょうだい遺産総額  3000万円超~3億円遺産の概要 不動産,預貯金・現金,株式・投資信託 争点 遺産分割,特別受益,遠方の相続人 解決の段階 調停 ご依頼の経緯・ご要望 遠方の相続人とお話合いができないとして,弊所にご依頼されました。依頼者が生前,被相続人の身の周りの世話を全てしていたことから,法定相続分に従った2分の1ずつではない分割方法を希望されて
続きを読む >>

不正出金,使い込みの有無を調査し,遺産分割協議を成立させた事例

相 手 方 きょうだい(2人)遺産総額  3000万円超~3億円 遺産の概要 不動産,預貯金・現金 争点 遺言,遺産分割,預金の使い込み,不正出金 解決の段階 調停 ご依頼の経緯・ご要望 遺産分割協議がまとまっていないにもかかわらず,相手方から遺産分割審判を申立てられたため,どのように対応していけば良いかわからないとのことで,ご依頼となりました。 解決のポイント 被相続人の生前,相
続きを読む >>

相続人が10名を超える遺産分割協議をまとめ,金融機関との交渉も行い,遺産の分配を実現した事例

依 頼 者 姪(50代) 相 手 方 いとこ等10名以上遺産の概要 預金,株式等 争点 数次相続。 ご依頼の経緯・ご要望 多額の財産を有するご親族が亡くなったが,相続人が10名以上いるため手に負えないことからご相談に来られました。 解決のポイント 10名以上の相続人に対して連絡を取り,法定相続分に従って分割することを目指して協議を進めました。しかし,あと一息というところで相続人の1人が
続きを読む >>

生前に解約された預金の使途について,相手方の矛盾を指摘し,遺産分割協議を成立させた事例

依 頼 者 50代 相 手 方 母(80代),姉(50代)遺産の概要 預金 争点 不正出金。 ご依頼の経緯・ご要望 ご依頼者様の父が2年前に亡くなっていることが判明。父と同居していた母,近くに住んでいた姉からは何も聞かされておらず,遺産を勝手に処分された可能性があるということでご来所されました。 解決のポイント 相手方に書面を送付し,遺産の資料を開示するよう求めました。並行して,当方で
続きを読む >>

相続人14名との遺産分割協議をまとめた事例

依 頼 者 70代 相 手 方 被相続人の兄弟,甥姪 遺産の概要 土地建物,マンション,預金 争点 無し。 ご依頼の経緯・ご要望 遺産には複数の不動産,外貨預金が含まれました。さらに相続人の人数が多く,依頼者とも疎遠であったことから,遺産分割協議を依頼されました。 解決のポイント 弊所にて相続人調査および被相続人の遺産調査を行い遺産を確定させました。相続人の中にはご高齢のため連絡が取り
続きを読む >>

話し合いに全く応じなかった相手方との間で遺産分割が成立した事例

依頼者 50代 相手方 50代 遺産の概要 不動産,預貯金,株式等 争点 被相続人からご依頼者様への贈与等の特別受益の有無 ご依頼の経緯・ご要望 相手方と話をしたいが話し合いに全く応じてもらえなかったため,ご依頼されました。 解決のポイント 遺産の大きなウエイトとして不動産があり,不動産の取得を希望されていたことから,不動産取得のうえで代償金を支払う方向となりました。相手方は,被相続人
続きを読む >>

<< 前の記事を見る