解決事例

あまり付き合いのなかった相続人らとの間で遺産分割協議書を作成した事例

依頼者 孫(相続人) 被相続人 祖母相手方 伯父・叔母 遺産の概要 不動産・株式・預貯金・現金 争点  依頼者抜きで,伯父・叔母らが勝手に相続の話を進めていることに依頼者の方が不安を抱えていました。 ご依頼の経緯・ご要望  依頼者の方は,相手方ら(他の相続人の方々)との付き合いがあまりなかったこともあり,遺産分割の話が勝手に進んでいることに不安と不信感を抱き,きちんと法的に問題のない内容で
続きを読む >>

相続放棄後の相続人を確認した上で改めて相続放棄した事例

依頼者 長女(50代)(第一相続人)被相続人 父親遺産の概要 不動産・預貯金等 ご依頼の経緯・ご要望  依頼者は,一人っ子で母親も既に亡くなっていたので単独の相続人であり,相続財産中に特に負債もありませんしたが,相続不動産が遠隔地にあること,農地が多く含まれ管理も困難であることなどから相続放棄をご希望でした。ただ,被相続人(父親)が婿養子として妻の両親と養子縁組していたため,相続関係が複雑にな
続きを読む >>

相続人が被相続人の資産について全く把握していない相続財産を調査・処分・回収した事例

依頼者 母親・実姉(相続人) 被相続人 長男(実弟) 遺産の概要 預貯金・株式・退職金・保険金等・自動車 ご依頼の経緯・ご要望  依頼者(相続人)の方々は,生前の被相続人とあまり接触しておられず,被相続人の生活状況や遺産の全容が全く不明だったため,全ての調査と相続手続きについて依頼を受けました。 解決のポイント  被相続人は突然の事故により亡くなっており,勤務先との交渉(社宅の明渡し・死亡
続きを読む >>

連絡が取りにくい相続人との間で交渉を行い,遺産である不動産の売却に応じてもらえた事例

依頼者 二男(相続人) 相手方 長男(相続人) 遺産の概要 不動産 争点  相続し、共有する不動産を相手方が事実上占有したまま,代償金の支払いをしない。 ご依頼の経緯・ご要望  不動産を占有している他の相続人に対し,そのまま不動産を占有するのであればの持分に見合う代償金の支払いを,支払えないなら当該不動産を速やかに売却することを望んでいる。 解決のポイント  受任後,相手方との連絡が
続きを読む >>

相手方の寄与分を認めずに遺産分割調停が成立した例

依頼者 40代 相手方 父の後妻(70代) 遺産の概要 土地建物,預金 争点 相手方の寄与分の有無 ご依頼の経緯・ご要望 父母が離婚し,依頼者は父と音信普通状態となっていましたが,突然父の後妻から,「夫(依頼者の父)が亡くなったので相続の手続に協力して欲しい」と連絡があったということでご相談に来られました。 父の財産や暮らしぶり,後妻との結婚の経緯など全く分からない状況とい
続きを読む >>

当方の遺留分侵害主張に対し、相手方が当初和解に応じない態度であったものの最終的に1000万円で調停成立した事例

依頼者 70代 / 相手方 70代 遺産の概要 不動産20筆、預貯金 争点 ①自筆証書遺言の有効性,②遺留分侵害の金額,③特別受益の有無 ご依頼の経緯・ご要望 自筆証書遺言が3枚あり、その有効性を判断して欲しいのと、仮に有効であるとして、遺留分侵害として少しでも財産を取り戻したいというご要望でご依頼されました。 解決のポイント 相手方が被相続人と同居しており、相続発生後、「すべて
続きを読む >>

海外在住の相続人候補者の都合により、ご依頼から1週間程度で公正証書遺言を作成した事例

依頼者 80代 遺産の概要 土地建物,預金,株式等 争点 ①遺留分,②株式、不動産の評価額,③海外の相続税制度,④遺言能力 ご依頼の経緯・ご要望 海外に在住されている相続人候補者が来日されている間に、親に公正証書遺言を作成してもらいたいという要望で、ご依頼されました。 解決のポイント 相続人候補者が海外に在住されており、来日期間が10日間ほどしかなかったことから、急いで公正証書遺言を作
続きを読む >>

弁護士と税理士によるダブルチェックをしたうえで事業承継の公正証書遺言書を作成した事例

依頼者 60代 遺産の概要 土地建物,預金,株式等 争点 ①遺留分,②特別受益,③株式、不動産の評価額, ご依頼の経緯・ご要望  会社のオーナーである相談者が親族内への具体的な事業承継方法について、ご依頼されました。 解決のポイント  オーナーである対象会社は未上場でしたが、結構な利益が出ていました。この場合、相続税及び遺留分の各対策について、慎重に検討する必要があります。そこで
続きを読む >>

寄与分や不動産のリフォーム代、墓石代を考慮した遺産分割調停が成立した事例

・被相続人:60代男性・相続人:姉弟2名 結果 依頼者の寄与分や不動産のリフォーム代、墓石代を考慮した遺産分割調停が成立した。   内容  当方は、生前被相続人の療養看護に努めていたため、寄与分を主張しました。また、被相続人が使用し易くするため立て替えた不動産のリフォーム代を主張しました。  これに対し、相手方は自ら墓石を建立する旨主張しました。親族の療養看護については、寄与
続きを読む >>

相続で取得した遠方の共有地の土地上に無償で建物を所有していた親族に土地を売却した事例

被相続人:80代女性 相続人:姪っ子3名 結果 土地を時価相当額で売却する旨の調停が成立した。   内容 遠方の土地ということで、相続人らが当該土地の所有について、必要性を感じていなかったことから、土地上に無償で建物を所有していた親族に対し、建物を収去し明け渡すか、買い取りをしてもらいたい旨の希望をされていました。 相手方にお手紙を出したものの反応がなかったことから、買い取
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
初回相談60分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531

相続・遺産分割の解決事例集