デジタル終活(デジタルエンディング)について

最近、デジタル終活(デジタルエンディング)という言葉がよく聞かれるようになりました。ただ、

一言でデジタル終活といいましても、その対象となる資産は多岐にわたります。

 

1.ネットバンク(インターネット銀行)


デジタル資産のうち、もっとも気を付けないといけないのは、ネットバンクの存在です。特に海外に銀行口座をお持ちの方のなかには、ネットバンクで取引をされている方も多いと思います。
 
ネットバンクの場合、通帳が発行されないことも多く、契約者本人以外、その存在を知らないこともあるかと思います。普段の取引では、暗証番号やパスワード、IDが大切ですが、ネットバンクの相続手続きをする場合に大事なのは、どこのネットバンクに口座を保有しているかという事実です。



ネットバンクに口座を保有しているという事実さえわかれば、その銀行のカスタマーセンター等に連絡をし、相続に必要な書類等の準備をすれば、多くの場合、相続手続きはできると思います。但し、海外の銀行口座の場合、特別な手続きを必要とされることがありますので、各銀行にお問合せくださ
い。

したがいまして、ネットバンクと契約をされている方で、デジタル終活をお考えの方は、ネットバンクの取引があるという事実(できれば口座番号)とその銀行の連絡先を相続人の方にわかるようにしておくことが必要です。

 

2.インターネット証券取引

デジタル資産のうち、次に気を付けないといけないのは、インターネットによる株・FX取引口座の存在です。株・FX取引をされている方のなかには、インターネット証券での取引をされている方も多くおられると思います。

インターネットでの株・FX取引の場合、取引の明細等を郵便の方法ではなく、メール等で送信される方法を選択されている方も多く、その場合、取引口座の存在を周りに気付かれないままになってしまうおそれがあります。

普段の取引では、パスワードとIDが大切ですが、インターネット証券口座の相続手続きをする場合に大事なのは、どこのインターネット証券に口座を保有しているかという事実です。

インターネット証券会社に口座を保有しているという事実さえわかれば、その証券会社のカスタマーセンター等に連絡をし、相続に必要な書類等を準備すれば、多くの場合、相続手続きはできると思います。

したがいまして、インターネット証券での株・FX取引をされている方でデジタル終活をお考えの方は、ネットバンク同様、取引があるという事実(できれば口座番号)と取引先の証券会社の連絡先を相続人の方にわかるようにしておくことが必要です。

 

3.デジタルデータ

その他、デジタル終活として考慮しないといけないものとして、PC、携帯電話、スマートフォン、タブレット類及びそこに残されているデータです。

データ自体は法律上の遺産ではありませんが、その方の想いでの写真や仕事上のデータ等が多く残されていると思います。

 

そのようなデータの処理をどのようにすればよいのか、どのようなデータが残っているのか等、相続人が確認できるように、IDやパスワード、暗証番号等を相続人の方にわかるようにしておくことが望ましいでしょう。

その他、クレジットカードや光熱費等、口座からの引き落とし手続きをとられている場合、そのような情報も整理しておかれると、相続人もその後の手続きをとりやすいでしょう。

 

以 上

初回相談60分無料 法律相談のご予約はお電話で(予約受付時間 9:00~21:00) 078-382-3531

相続・遺産分割の解決事例集